@hanadix REBOOTED

音楽好き(聴く書く演る)なイット系労働者の日常と妄想

30代後半にしてギターがんばり中

生まれもって音楽が好きだったようで、幼稚園の通信簿に「音楽が鳴ると踊りだす」と書かれた恥ずかしい過去を持つ私ですが、ギターはなぜか避けていた。たぶん天邪鬼な性格なので、みんな弾いてるから違うものをやりたかったのだと思う。それでもバンドブームのときは女子からモテたくてベースをやった。モテなかったけど。

で20代中ごろからちょっとは触るようになったけど、まともには全く弾けずな状態だったのですが、BambooInn-K 買って以来、まじめに練習に励んでおります。30代後半からのスタート。しかし物事を始めるのに遅いことなどないのだ。最近どっかで100歳とかのおばあさんに後悔してることはありますか?と聞いたら60歳のときにバイオリンを始めたかったのだけど、やっていればもう40年のキャリアだからさぞうまくなったに違いないと思うと悔しい、と言ったという話を聞いたことだし。

しかしギターというのは弾いてみるとよくできている。よく最初の難関と言われるFを見てみると

6 F--
5 C--
4 -A-
3 --F
2 --C
1 F--

と、2オクターブでトライアドコードを鳴らしてる。なるほどウクレレにはない重厚な音になるわけだ。あたりまえだけど。

で、今日ちょっと弾きながら考えたのだけど、これを応用して、右手を3フィンガーにして弾きたいところだけを弾けば、好きなところがトップノートになることに気付いた。つまりコードがFのときにAで始まるフレーズを弾くときは

6 X
5 X
4 -A-
3 --F
2 --C
1 X

と弾けば見事にAをトップノートにしたFのできあがり。当然Cをトップノートにしたければ、

6 X
5 C--
4 -A-
3 --F
2 X
1 X

で、いけるのだ。うむすばらしい。ギター弾きの人からは「いまさら何言ってんだ」と言いそうだけど。
これをメジャー、マイナーと、7th系をちょっと覚えれば、フレーズの途中で「チャリーン」と綺麗にトライアドを流したり、いろんなバッキングパターンをさっと弾くのはそんなにむずかしくなさそうだ。よし Joe Pass をめざすぞ!(←それは無理です)

ところで、このCD まだ来ません。
どういうこと?

というわけで、しばらくはそういう研究に励みたいと思います。