@hanadix REBOOTED

音楽好き(聴く書く演る)なイット系労働者の日常と妄想

涙そうそうセッション

という大袈裟なものでもないけど、おしょうさん宅に集まって、三線(サンシン:沖縄三味線)とギターと私のラッパで「涙そうそう」を練習。三線のキーを聴いたら B ということなんですが *1 、ラッパが Bb なので Bb に下げてもらうことにした。ちなみに夏川りみさんのやつが有名みたいだけど、味という意味では森山良子さんのものがしっくりくる。あの夏川りみさんのサビでの切れるような鋭い声を聴くと「きっといつか会えると信じ生きてゆく」なんて感じじゃなくて「力の限りあなたを探す」ような感じがするから。

[iTunes]-夏川りみ - 涙そうそう - EP - 涙そうそう

[iTunes]-森山良子 - さとうきび畑 - 涙そうそう

ギターのマイケルさんが、2番の歌詞をウチナーグチ琉球ことば)で歌いだしたのを聴いて、すごくいい雰囲気だったので、iTMS で探したら発見。というわけで購入。


[iTunes]-夏川りみ - 南風 - 涙そうそう (ウチナーグチ・バージョン)

ところで、ググッて ウチナーグチの歌詞 を検索してたら、「涙そうそう」は森山良子さんが亡くなった兄のことを思って詞を書いた そうで、そう思うと「きっといつか会えると信じ生きてゆく」という歌詞の意味がまるで違ってしまう。私も母や尊敬する先輩がもうこの世の人でないことを、いつまでたっても本当の意味で受け入れていない。この世のどこかにいるけど、事情があって会えないという設定になっているのだけど、森山良子さんもそうなのだ。そういう人は他にもいっぱいいるのかな。

*1:はてなの「三線について」をみたらCだったとです…