@hanadix REBOOTED

音楽好き(聴く書く演る)なイット系労働者の日常と妄想

自分を救えなかった件について

ふと 昔の日記なんぞ読んで 思っていたことをまったく自分が実践できていなかったことを再認識してしまう。

・勇気をもって「できない」と言う(1)。うまくやればギリギリ間に合う工程ということは、すなわちちょっとしたことですぐダメになる工程である。絶対にうまくいかない。
・勇気をもって「できない」と言う(2)。予想外の作業が発生し、一日1時間ずつ半月、などという工程はできない。普段ならともかくデスマーチ中は緊急事態が頻発し、1日さぼり2日さぼり…になる。

まあ、自分では「これはデスマーチではない」と思っていた(思おうとした)んじゃないかな。

とはいうものの、トップダウンで全ての決定がなされる大きな組織の中で生きるのは自分には向いてないのは既にわかっているので、なるべきようになっただけで、早い時期に撤退できたということは自分にとっても、お客さんにとってもいいことだったんじゃないかな。

きっとそうだよ。