@hanadix REBOOTED

音楽好き(聴く書く演る)なイット系労働者の日常と妄想

蘭英辞書購入

コンサイスな蘭和辞書(ポルトガル語→日本語)が欲しくなって本屋に行ったが無い。
外国語習得について英語が突出して充実してるのは当然としても、その他はフランス語、イタリア語、ドイツ語、韓国語と並んでいるが、ポルトガル語はおろかスペイン語もない。

で、三宮のジュンク堂に行って探してみたら、あるにはあるんだが、やっぱりコンサイス英和辞書のようなお気軽価格でお気軽な装丁のものがない。でも欲しい。と思って見てたら「THE ROUGH GUIDE PHRASEBOOK Portuguese」という文庫本サイズの蘭英・英蘭辞書を発見。お値段も1008円。早速購入。ちょっと英語の勉強にもなりそう。

よく adeus (アディオス) とか言いますが、これは good bye に相当するもので、ニュアンス的には長期的な「さよなら」の状況で使われるそう。なので「また明日」の場合は ate logo (=see you) というのが良いようです。

ちなみに ate logo の e の上には ^ がつきますが、adeus の e にはつかないみたい。使い分けがわかりません。 というか、^つきの e が入力できる環境を作らねばと思う今日この頃でございます。

あと、LOVE DANCE 届きました。1989年発売なのですが、聞いててなんか キューピッド&サイケ85 を思い出すようなサウンド。この年代のスネアの音ってバーンというかドーンという感じで独特ですな。

なお初出は

Give Me the Night

Give Me the Night

らしく、George BensonQuincy Jones と来ればハズレはないな。そのうち買います。ルイスジョンソンのベースも久しく聞いてないし。

というわけで Ate logo!