読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@hanadix REBOOTED

音楽好き(聴く書く演る)なイット系労働者の日常と妄想

Stan Getz & Bill Evans

職場の近くのツタヤがCD半額ということでいそいそと借りに行く。ちなみにこの店でジャズのアルバムは、マイルスは20枚近くあるのにチャーリーパーカーが一枚もない。結構不思議である。

CDの並ぶ棚を眺めるのはなかなか楽しいことですが、ふと見つけたのが

Stan Getz & Bill Evans
Stan Getz & Bill Evans
posted with amazlet at 12.12.06
Stan Getz
Polygram Records (1988-02-16)
売り上げランキング: 11531

いや二人とも好きやけど、この二人が一緒にやったらどーなるのか。
悩んでとりあえずその日は借りるのやめたのですが、
次の日やっぱり借りてしまった。

二人ともいかついフレーズをバリバリやりまくり、というタイプでないので、どんな音になるのかと思ったら・・・、いやおもろいですね。ゲッツもエヴァンスも、ぱっと聴き「いわゆるおしゃれなジャズですねえ」と思うような音。

でも管をやる人ならわかると思うけど、ゲッツのテナーって、すごいフレーズをさらりと吹いたり、ただの1音をいろんなニュアンスで吹き分ける。

エヴァンスはソロもいいけど私はバッキングがとにかく好き。とにかくフロントの邪魔しないレベルであの手この手のフレーズを飛ばす。「とりあえずバッキングしてます」感がまるでない。

でも「背筋を伸ばして一音足らず聴くべし聴くべし!」なんて感じもしない。そういう聴き方もできるだろうけど、疲れたときに単に「きれいだなあ」などと思いつつ聴ける。

そういうジャズがやりたいとは思うけど、まあむずかしいことはできないので、せめて「なんかわかんないけどいいね」と思ってもらえるようなラッパが吹きたいものです。

関連エントリ: