@hanadix REBOOTED

音楽好き(聴く書く演る)なイット系労働者の日常と妄想

hanadi と私

今日の日記はちょっと電波入ってると思いますが、私個人にとってとても大事なことなので書いておきます。

月曜日に目が覚めるとまた体が動かない。頭は至極クリアなのだが。
で、これまで色々考えていたのだが、どうやら自分の「自我」をアプリケーションとすると、ミドルウェアに相当する部分が謎のトラブルを起こしているのだと考えると、いろいろ合点が行くのでそういうことにした。

とりあえず、そのミドルウェアに人格を与えることにして「なんでも言うことを聞くからどうしたのか言ってくれ」と聞いてみたが返事はない。「とりあえず今日は会社に行かないことにするから、言いたくなったら教えてくれ」と行ってみたら、急に体がずっしりと重くなって、それから寝て、昼飯食って、寝て、晩飯食って、風呂に入って寝た。

そして、今日は久々に気持ちよく目が覚めた。一日中寝てたせいか体はふらふらしていたけど「今日は会社に行ける?」と聞いてみたが、とりあえず反対はしてないようなので出社。

というわけで、この日記を書いているアプリが ksh だとすると、ミドルウェアに別の名前を付けてやろうと思った。名前としては不器用だけど愛嬌があるような名前にしたかった。ので、うっかり八兵衛の 「はちべえ」ってのはどうか? と聞いてみたが、どうやら却下されたようだった。

そして、仕事をしながら、自分と会話する。「今の作業嫌い? 確かにつまらんな…」。昼休みに smoothjazz.com を聞こうとしたら拒否されたので、何も聞かずにボーっとする。

夕方に意識がもうろうとしてきた。うーんこれは鬱だろうか。何もする気が起きない。自分に話し掛ける余裕すらない。とりあえず霞んで見える霧の向こう側のメーラーに必死でなんとか文章を打ち込んで今日は帰ることにした。

会社を出て駅のホームの椅子に座っていると意識が戻ってきた。

電車に揺られて iPod を聞いていて、ふと気付いた。今まで聞いてた音が 8bit/16kHz だったのが突然 24bit/96kHz になったようにクリアに聞こえてくる。今まで鼓膜だけが鳴っていたのが、心の奥まで響いてくるようだった。そのときにヘッドフォンから聞こえてくるのは山下達郎の「THE WAR SONG」だった。「JOY」に収録されているライブテイク。

JOY?TATSURO YAMASHITA LIVE

JOY?TATSURO YAMASHITA LIVE

悲しみの声に答えるすべもなく
僕はどうすればいい?

どうやら、夕方に意識がもうろうとなったのは、鬱ではなく、ミドルウェアの再起動だったらしい。

ミドルウェアに「名前は hanadi ってのはどう?」と聞いてみた。hanadi とは「鼻血」である。ずっと音楽活動をするときのペンネームが欲しかったのだが、脱力するような名前にしたくて、やっと見つけた名前だった。私が最近作った曲は「マカダミア鼻血」とクレジットした。とりあえず反対はされていない。ji じゃなくて di なのがかっこよくない?

鼻血が出たら、すべてのことを一旦止めて、とりあえずティッシュペーパーを取る。それぐらい緊急度が高く、その割にはそれほど重大事件じゃない。気持ちとしては

小指が僕にからんで
動きがとれなくなれば
みんな笑ってくれるし
僕もそんなに悪い気はしないはずだよ


[iTunes]- 井上陽水 - 井上陽水: 全曲集
- 氷の世界 [歌詞]

みたいな感じです。

というわけで、いろいろ hanadi と話してみたのですが、いろいろ見解に差があるようなので、とりあえずそれを明確にした後、協力して解決してゆくことにしました。

というわけで、また電波な日記があるかもしれませんが、ちょっと個人的に重要なので。気持ち悪い人は、一行目に「電波」って書いてあったら、読まずにブラウザのバックボタンを押すとかしてください。ブックマークやアンテナから外されちゃうとちょっと悲しいかも。