@hanadix REBOOTED

音楽好き(聴く書く演る)なイット系労働者の日常と妄想

法話に聞き惚れる

疲れたときに音楽を聴くとリラックスするか、というと当然曲にもよるし、その日の自分の状態にも左右される。普通に聞き流していた曲が、ある日聴くと1音1音を聞き逃すまいと「無意識に」集中してしまったりすることもある。そんなときは張り詰めた神経が更に緊張してしまってよくない。

smoothjazz.com なら聴いてて緊張するということは今までありえないので、昼休みは大概聴きながら昼寝するのだけど、問題は通勤の行き帰りで、ここではどうしても iPod の選曲と自分の状態しだいでどんな結果になるか想像ができない。

で、先日 404 Blog Not Found:書評 - サイエンス・サイトークの6冊 で紹介されていた TBS | 404 NotFoundPodcast を聞いて楽しんだのだけど、確かに「音楽」じゃなくて「声」を聞くのはなかなかよいなと思い、その手の Podcast を色々探してみてたのだけど、ふと最近ちょっと気にしてるテーラワーダ仏教について検索してみると、日本テーラワーダ仏教協会が ページが見つかりません:@niftyPodcast で偉いお坊さんの法話を配信してる、というわけで早速聞いてみた。

内容についての感想は「おもしろかった」ということで簡単に終わらせてしまうこととして、非常に興味深かったのが、法話をされているスマナサーラ長老の話し方。時に冗談を交え、時に強く説き、緩急自在。話の間が長いのだが不思議とじれない。そして読み上げるお経のリズム・響きの美しさ。お経の内容はもちろんわからないわけだけど、聞き惚れるという表現がしっくりくる。

エネルギーというのは動くものである、電池の中に電気があるのか? そうではない。線を繋いだ瞬間電気が流れ出すでしょう? 静電気だってたまっているだけなら問題ないでしょう? ドアノブに触った瞬間に動いて手が痛くなるわけでしょう? それと同じように生命というのはエネルギーなのです。生まれてから死ぬまで休むことなく動きつづけるのです…、と、こんな感じのお話をボーっと聞きながら今日は帰路につきました。ちなみに仏教に帰依しようとか、出家しようかとか、そういうことはない予定です。

そういえば、何かの宗教に走りたいんだけど自分に合いそうなものがない、という比較的積年の悩みは剣道始めてから無くなったしな。